ようこそ薬剤師まさBlogへ ご覧いただきありがとうございます。
AUTHOR

【なぜ?しゃっくり?】がん治療中のしゃっくり(吃逆)

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。 がん治療中にしゃっくりで悩んだことがありませんか?悩むまで困らなくても、突然しゃっくりが出現し、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなしゃっくり(吃逆)について、紹介したいと思います。 抗がん剤をやるとしゃっくりがでるの?驚かせば止まるんだっけ? そうですね。驚かせたり、水を飲んだりと民間的な治療は多くございます。ですが、がん治療にお […]

【バイオ後発品】ベバシズマブBSが発売されます

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。 ハーセプチン・リツキサンが抗がん剤のバイオ後発品として発売されましたが、アバスチンの後発品であるベバシズマブBSが発売されます。アバスチンは、日本国内における2018年度の販売売り上げにおいて第2位(2017年度は1位です)とされ、非常に大きく国内が変わることが予想されます。ファイザーさんや第一三共さんから販売されることが決まりました。ベバシズマ […]

【解説】これで完璧!がん治療とインフルエンザの予防接種

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。タイトルにありますようにこれからの季節に注意しなければならないのはインフルエンザです。ただ夏にも流行ることがありますが、12~3月頃に流行してくることが一般的かと思います。 10月の下旬頃から医療機関で投与が可能になってきますので、インフルエンザとがん治療について少しでも参考になれば幸いです。 インフルエンザの注射痛いよね。でも打ってもインフルエン […]

Update!マントル細胞リンパ腫の最新情報

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさと申します。 題名にもあります通り、マントル細胞リンパ腫についてUpdateしてみました。この数年間で劇的な進化をしているといっても過言ではないマントル細胞リンパ腫。年齢やStage、新薬の誕生など変化があったものを中心にまとめます。 マントル細胞リンパ腫?初めて聞いたリンパ腫の名前 マントル細胞リンパ腫は悪性リンパ腫全体のおよそ3%を占めるため、とても […]

【解説】がん治療における末梢神経障害治療薬の使い方と副作用

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。 がん治療における末梢神経障害:痺れは、誘発される薬剤を使用する場合、なかなか改善や劇的な症状緩和は見込めず、どううまく付き合っていくかがポイントになってきます。ただ末梢神経障害の改善を期待して内服薬もいくつかあり、上手な使い方と注意したい副作用について紹介したいと思います。 痺れって治らないの?どんな感じで出てくるの? 抗がん剤を止めると治るかも […]

【絶対に後悔しない】薬剤師が考えるセカンドオピニオンの選び方

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。どんなこと書いたら皆様に正しい情報を伝えるか、情報によって助ける事が出来るかを考え、コツコツと書いてきました。 書いてみたいことはあっても、大々的に書くのはどうなの?と思うこともあり、今回新しい事に挑戦してみようと思いnoteを始めてみました。お題は、絶対に後悔しないがんの資格を有している私が考えるセカンドオピニオンの選び方です。いざ「がんです。」 […]

【解説!】どこよりも詳しいSOX療法~治療と副作用対策~

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。 大きくタイトル攻めてみました。もっとここ詳しくとありましたらご教授ください。追記します。 いきなり治療の説明をされても、暗号のような名前の数々を言われ、いただいた用紙を見直しても理解不能になることがあると思います。ご自宅に帰ってから調べる際、結局わからないこともあるかと思います。ズバッとまとめてみました。 がんって診断されてもショックなのに、治療 […]

【解説!】なるほど!誰でもわかるがん予防の時代!〜アンジェリーナ・ジョリーから考える〜

がん予防が遺伝子レベルで検討されてきたことはご存知でしょうか。今後がんになる遺伝子異常が判明されつつあり、それが家族にも影響することがわかってきました。 読まれている方は、米国の女優のアンジェリーナ・ジョリー氏が2 度に渡りNY-TIMES紙で体験談が掲載された、リスク低減乳房切除術(risk-reducing mastectomy:RRM)及びリスク低減両側卵巣卵管切除術(risk r […]

【解説!】サイラムザ:ラムシルマブの副作用と対策

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです 抗がん剤治療は複数を組み合わせて治療を行うことで、治療効果が増幅することから2剤・3剤と追加した組み合わせ療法が多く存在します。組み合わせた治療方法の中で、分子標的薬という種類の抗がん剤が含まれていることがあります。この分子標的薬はがん細胞だけを狙って攻撃してくれる薬剤であり、組み合わせることで治療成績の向上に大きく寄与していることが考えられます。 […]

【必見】がん治療中の下痢対策

ご覧いただきありがとうございます。薬剤師まさです。 抗がん剤治療中の下痢についてまとめてみました。抗がん剤の種類によっては下痢が起こりやすいものもあり、注意が必要な副作用の1つです。特に夏場の下痢はとても危険です!下痢症状から脱水になってしまわないようにご一読いただければと思います。 化学療法および放射線治療に起因する下痢は、cancer treatment-induced diarrhea(CT […]